ナツメディア

あらゆる情報を集めるメディア、雑学、猫、びっくり、懐かしい、ダイエット、日常の疑問、便利

*

WiMAXのサービスエリアの範囲は?

   

サービスエリアは主要都市の99%以上をカバー

インターネットをWiMAXで利用する上で、一番重要なのが自分の行動範囲が対応エリアに含まれているかどうかです。現在の人口カバー率は、全国政令指定都市で99% 以上、全国的にみても90%以上の人口カバー率となっており、屋外基地局も20,000局です。

現在もサービスエリア拡大中で、空港、鉄道、地下鉄などの各種交通機関でもWiMAXの基地局が続々と増設されており、より快適にインターネット接続できるようになってきています。サービスエリアは、こちらのページから確認できます。

wimax-areaWiMAX2+は、現在もエリア拡大中

 

「Try WiMAXレンタル」で無料で受信具合をチェック

但し、サービスエリア内でも、WiMAXの電波の特性上、高層ビル・マンションなどの高層階やトンネル・地下・屋内・ビルの陰・山間部などでは電波が届きにくくインターネット通信できない場合があります。電波が入るか不安な人は、Try WiMAXレンタルで15日間無料で試すことが出来るので、必ずチェックするようにした方がよいですね。自分の行動範囲の電波状況をすぐに確認することができます。また、貸出するWiMAX機器も選べるので購入予定のWiMAXルーターを選びましょう。

「Try WiMAXレンタル」は、こちらから申し込み
http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/

wimax-try 機種によって電波の掴みかたが違う場合があるので、自分が使う機種を選んで申し込もう。

 

オプションで「4G LTE通信」を選ぼう

また、電波状況が悪い場合も、WiMAXも4G LTEも使えるモバイルルーターを選べば、オプションで広い範囲で使えてスピードも速いLTEも使うことが出来ます。但しLTE通信を使う場合は、通信量の上限がありそれを越えると制限がありますので、この点は気を付ける必要があります。普段は、通信量無制限のWiMAXを使い、電波状況の悪い場合は、4G LTE通信を使うのがいいでしょう。

wimax-lte

プロバイダによっては、駅や公共施設等にWiMAXとは別のwifiスポットを用意している場合もありますので、自分の行動範囲にWiFiスポットがあるのであれば、そのことも考慮してプロバイダを選ぶのもいいかもしれません。

 

WiMAX(ワイマックス)プロバイダの料金を比較する

 - WiMAX

  関連記事

WiMAX 2+の基地局が2万局を突破、220Mbpsエリアも拡大

WiMAX 2+の基地局が2万局を突破 UQコミュニケーションズ株式会社は、Wi …

無料でWiMAX 2+ルーターに変更、ギガ放題が月額3696円で2年間使えるキャンペーン

「ギガヤバ 移住計画」によるWiMAX 2+への移行促進 UQコミュニケーション …

WiMAXモバイルルーター Speed Wi-Fi NEXT W01 220Mbps対応のアップデートを開始

Speed Wi-Fi NEXT W01、220Mbps対応のアップデートを開始 …

下り最大220MbpsのWiMAXモバイルWi-Fiルーター「 WX01 」 発表

  「 Speed Wi-Fi NEXT WX01 」 発表 &nbs …

WiMAXとは

WiMAXとは WiMAXとは、ケーブルなしで時間や場所を選ばず、インターネット …

Wi-Fiモバイルルーター「HWD14」「HWD15」アップデート

Wi-Fiモバイルルーター「HWD14」「HWD15」アップデート UQコミュニ …

WiMAX(ワイマックス)プロバイダの料金を比較 2015

現在、一番お得なキャンペーン @nifty WiMAXで最新端末がクレードル付で …

下り220MbpsのWiMAXルーター「W01」発表、「au 4G LTE」も対応

  「 Speed Wi-Fi NEXT W01 」 発表 &nbsp …

Huawei Wi-Fi WALKER WiMAX2+ 「 HWD14 」は、3つのネットワークが選べる

WiMAXルーター HWD14 の特徴 Wi-Fi WALKER WiMAX2+ …

youtube動画で解説 「WiMAX(ワイマックス) 」「WiMAXルーター」

  youtube動画で見る「 WiMAX解説 」 youtube動画 …