ナツメディア

あらゆる情報を集めるメディア、雑学、猫、びっくり、懐かしい、ダイエット、日常の疑問、便利

*

海外旅行での安全なお金の持ち方と安全対策

      2015/11/07

海外旅行での安全なお金の持ち方、安全対策

海外旅行に行く時の心配事に盗難にあってしまうことがあります。普通のツアーや個人旅行でも保険を掛けるのが一般的ですから、保険でカバーされますが、盗難にあってしまうとせっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいます。

そこで海外旅行をする時に盗難に会いにくい安全なお金の持ち方をまとめて見ました。

Journey-money-1

2つ財布を持っていき、ダミーの財布を使う

海外旅行に行くときに2つサイフを持っていく方法です。日本で普段から使っているサイフと100均ショップ等で買った安いサイフを持っていき海外で買い物するときや駅やバスで切符を買う時はダミーの安いサイフを使うやり方です。

スリ達は買い物している時の旅行者であるあなたをよく観察しています。当然、現金がたくさん入った札束で膨らんだ財布を狙ってきます。ダミーのサイフを持つことでお金をあまり持っていないアピールをすると同時に、スリに盗まれたとしても現金があまり入っていないので被害も最小限で済みます。また万が一強盗に遭った場合もダミーのサイフを渡せば難を逃れることが出来ます。

 

マネーベルト又は腹巻に入れる

ベルトの中にお金を仕込むことの出来るマネーベルトというものが旅行グッズを扱う店でよく売られています。旅行では使わない予備のお金をずっと入れておくには便利ですが、普通に買い物するときに使うには、お金を出し入れするのが大変面倒です。旅行に慣れてくると使わなくなる人も多いようです。

また似たような商品に腹巻のように服の下に巻くタイプもあります。このタイプはパスポートやクレジットカードを入れることも出来ます。文字通り肌身離さずといった具合です。心配症の人にが向いているかもしれません。

Journey-money-3

 

 

鍵やチェーンを付ける

カバンやサイフに鍵やチェーンを付ける方法です。スリや泥棒に遭った時の安全策というよりも自分はこれだけ防犯に気を配っているアピールで犯罪に遭う確率を少なくする目的です。

また、安い宿に泊まった場合には、セキュリティーボックスがない場合やボックスが小さくて貴重な荷物が全部入らない場合もあるので鍵やチェーンがあれば役にたちます。

 

現金や貴重品は一切もっていかない

現金や貴重品を一切持っていかないという選択もあります。先進国を旅行する場合は、そこらじゅうにATMがあるのでクレジットカードでキャッシングするか国際キャッシュカードで現金を少額降ろすことが出来ます。何回かその国に行ったことがあってある程度事情がわかっているか、旅慣れている必要がありますが、物を持っていかなければ盗まれることもありません。

ATMで使用する場合、特定のクレジットカードが使えない場合もあるので、ビザとマスター等2種類のカードを持って行くことをオススメします。

また、最近は海外旅行に特化したトラベルプリペイドカードも発行されているのでそちらを使うのも良い選択だと思います。

Journey-money-2

 

 

同じバックの中でも2カ所に分けて入れる

部屋にお金が入ったバックを置いて出かける場合、2カ所に分けて入れておく方法です。わかりやすい場所に少額の現金を入れておいて、衣類の中に多額の現金を入れておきます。空き巣やホテルの従業員に盗難に遭った際に少額の現金を盗ませて、これだけしかお金がないと思わせて多額の現金を守るやり方です。

 

トラベラーズチェックを使う

最近は使っている人が少なくなりましたが、トラベラーズチェックを使う方法があります。トラベラーズチェックとは旅行小切手の事で、使用する際にはサインをして使います。盗まれても再発行も可能です。しかし日本国内での販売は終了したのと、アジア圏では使いにくい、少額では使えない等のが欠点があります。

 

プリペイドタイプのトラベルカードを持つ

海外留学や海外出張が多い人の間で人気なのが、海外専用トラベルプリペイドカードです。日本であらかじめ現金をATMで入金しておけば、海外のATMで現地通貨で現金を引き出すことができます。



プリペイドタイプのトラベルカードの良い所を挙げると
・プリペイドタイプのトラベルカードなのでクレジットカードのように審査や年齢制限がない。
・もし、海外で現金を落としてしまったり、盗難にあったりした場合も家族からの送金を簡単に受けることが出来る。
・MasterCard付きなのでクレジットカードの様に買い物できる。
・違う通貨の複数の国に旅行する場合、お金の管理が楽になる。
・「キャッシュパスポート」の場合、スペアカードを無料発行されるので、カードの紛失・盗難にあった場合も引き続きカードを利用することができる。

お財布のような海外プリペイドカード「キャッシュパスポート」の詳細はこちらから

お金を支払った後は、すぐに財布をしまう

海外の人から見ると日本人はサイフを手に持っているいる時間が長いみたいです。現金がここにあるとアピールしているのと一緒なのですぐに現金をしまう様にしましょう。

 - 旅行, 雑学

  関連記事

簡単な開運メイクで願いをかなえる! 運気アップのメイク方法のまとめ 2016年

今年の幸運は開運メイクで! 新たな区切りを迎えて、今年こそは何かを成し遂げる・幸 …

最近よく聞く言葉「意識高い系」とは

「意識高い系」とは 意識高い系とは、実用日本語表現時点によると以下のように書かれ …

明石焼が元祖?、たこ焼きと明石焼の違いと歴史

たこ焼きと明石焼 たこ焼きと明石焼は、よく似ている食べ物ですが歴史や中身、作り方 …

今、注目のサービス、時給1000円の おっさんレンタルとは?

注目のサービス おっさんレンタルとは? 世の中には常にびっくりするようなサービス …

表札は日本だけで海外の国々には無いのか? 疑問と表札の意外な注意点

表札は日本だけなの? 日本では当たり前のように、表札を掲げていますが、海外の国々 …

新元号は「令和」

新元号は「令和」 2019年4月1日に新元号は「令和」と発表。5月1日よりスター …

「鯨飲(げいいん)」と「原因(げんいん)」

「鯨飲」と「原因」 パソコンで文章を入力している時に、原因(げんいん)と入力した …

小規模な水力発電、マイクロ水力発電は普及するのか? 個人事業で可能なのか調べてみた。

個人でマイクロ水力発電は可能か? 震災以降、盛り上がっていた小規模の太陽光発電で …

コンサートやライブで手拍子はあり?なし?

コンサートやライブで手拍子は必要なのか コンサートやライブで盛り上がると手拍子で …

永久機関は作ることが出来ないのか?永久機関詐欺で騙される人もいる

永久機関とは 永久機関とは、外部からのエネルギーがなくても仕事を行い続けること装 …