ナツメディア

あらゆる情報を集めるメディア、雑学、猫、びっくり、懐かしい、ダイエット、日常の疑問、便利

*

「糖質制限ダイエット」は危険?ダイエット仕方に注意

   

「糖質制限ダイエット」とは?

巷には様々なダイエット方法の情報があります。まったくの出鱈目な方法や続けてすると危険なダイエット、やりすぎると危険なダイエット方法があります。

そこで、最近話題の「糖質制限ダイエット」について、危険なダイエットやダイエットの常識のウソ等を探っていきます。

toushitsu-1

 

糖質制限ダイエットは危険なのか?

最近、一番話題のダイエット方法として、糖質制限ダイエットがあります。糖質制限ダイエットとは、糖質(米飯のほかには、めん類・パンなどの米・麦製品、ジャガイモ・サツマイモ・里イモなどのイモ類)等、糖質が多く含まれている食材を一切食べない、または、制限するというダイエット方法です。

しかし、糖質制限ダイエットには、危険も潜んでいます。 糖質は、人間が最も必要としているエネルギーであり、体を動かしたり何かを考えたりするのにも糖質がそのエネルギー源となります。糖質制限をすると以下のような症状になってしまうことがあります。

筋肉量が落ち、基礎代謝が減り、結果的にリバンドの危険性が高くなってしまう糖質オフダイエットは、医師としては推奨できません。

http://respectabsolu.com/ritui.html

 

食事を通常に戻した時にカロリーの摂取量と消費量のバランスが悪くなってリバウンドを引き起こす

http://respectabsolu.com/ritui.html

 

高齢の患者さんでは低血糖がきっかけとなって,脳卒中や心筋梗塞が生じることがあります。

https://sites.google.com/site/masago8118/di-xue-tang-zheng-zhuang

 

すぐにブドウ糖を補給しないと昏睡状態は持続し、最悪の場合、植物人間あるいは脳死状態に陥ることもあります

http://www.dr-nagai-clinic.com/tonyo/faq/body2.html

 

体重が落ちれば身のこなしも軽くなるだろうと思っていました。ところが、次第に筋力が落ち、階段の上り下りが以前にまして苦しくなってしまったんです。そんなある日、庭の手入れをしていてトンと尻もちをついたら、それだけで尾てい骨が折れた。入院して検査をしたら、『骨密度が65%しかない。骨粗鬆症です。尾てい骨の圧迫骨折もそれが原因です』と診断されました

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38359?page=2

 

健康な人が行うとかなりリスクがあるダイエット法

https://www.gohongi-beauty.jp/blog/?p=4045

toushitsu-2

 

バランスよく糖質制限ダイエットを

やりすぎると危険ですが、適切でバランスの良いやり方をすれば、良いダイエット方法です。何事もやりすぎないようにしましょう。

糖質の摂取が減ることで必然的におかずの量が増え栄養バランスが整うことにも大きなメリットがあります

http://allabout.co.jp/gm/gc/415559/2/

 

日本人の場合は糖質過多になりやすいので、糖質を適度に節制することは体にとって有益だと言えるでしょう

http://love.feeling.jp/1644.html

 

 

 

 - ダイエット, 雑学

  関連記事

子供が女の子の場合、男の子の場合、どちらが離婚率が高い?

離婚率が高いのは女の子・男の子がいる家庭のどちら? 自分の経験では、夫婦の子供が …

縁起のよい料理、縁起物の食材、運の上がりそうなレシピをまとめました

日常から縁起のよい料理を食べると良いことが起こるかも 正月や受験等のイベントだけ …

若い人に急増中「スマホ老眼」とは。予防と対策

若い人に急増中「スマホ老眼」とは 最近、20,30才代の若い人の間で「スマホ老眼 …

なぜソーメン屋は少ないのか

なぜ、ソーメン屋は少ないのか うどん屋や蕎麦屋はたくさんありますが、ソーメンの専 …

世界最強と言われる「日本のパスポート」、どれくらい信用されてる?

世界最強と言われる「日本のパスポート」 先日のニュースで2015年版の強いパスポ …

一度は食べてみたいミリメシの魅力、各国のミリメシ紹介

ミリメシとは ミリメシという言葉を知っていますか?軍隊で軍事行動中に兵隊に配給さ …

楽天レシピで見つけたダイエットが成功するメニュー ベスト10

楽天レシピで見つけたダイエットが成功するメニュー クックパッドで見つけたダイエッ …

ここまで進化した補聴器、iPhoneとつながるスマート補聴器、日本には2000万人の難聴者

国内で2000万人の難聴者がいる 歳をとると耳が遠くなってきますが、驚くことに日 …

一本(ポン)、二本(ホン)、三本(ボン)と読み方が変わるのは何故か?

一本(ポン)、二本(ホン)、三本(ボン)と読み方が変わるのは何故か? 英語や外国 …

簡単な開運メイクで願いをかなえる! 運気アップのメイク方法のまとめ 2016年

今年の幸運は開運メイクで! 新たな区切りを迎えて、今年こそは何かを成し遂げる・幸 …