ナツメディア

あらゆる情報を集めるメディア、雑学、猫、びっくり、懐かしい、ダイエット、日常の疑問、便利

*

いざという時に、飛行機で一番安全な座席はどこなのか?

   

飛行機で一番安全な座席は?

いざという時に、飛行機で一番安全な席はどこなのかを調べて見ましたが、結論から言うと色々な説があり、どこが安全とは言えない様です。色々な説をまとめて見ました。

airplane-anzen-1

 

非常口付近が安全である説

実際の機体を墜落させて実験したデータです。最後列から5列目までの特に非常口付近が安全であると言う結果になっています。

米ディスカバリーチャンネルが実施したジェット機墜落事故の実証実験。航空機の安全性を高めることを目的にボーイング727を買い取りメキシコの砂漠に墜落させたそうです。実験の為に様々な箇所にカメラやセンサーなどを取り付けクラッシュのメカニズムを解析。生き残る可能性がある座席は最後列から5列目までの特に非常口付近。

http://design.style4.info/ より引用

忘れてはいけないのが「非常口」の存在。英グリニッヂ大学は、生存者2000人を含む世界の飛行機事故105件について調べました。この結果、非常口から6列以上離れると、生存率が落ちているそうです。また窓側の方が若干生存率が高かったとのことです。

http://woman.mynavi.jp/article/131012-025/ より引用

 

前方の席が安全である説

飛行機が墜落すると火災が同時に発生する確率が高くなります。出口は前方にあるため脱出しやすく生存率が高くなるようです。

飛行機で火災が発生した場合、前方に座っている乗客の生存率が65%だったのに対し、後部に座っていた乗客の生存率は53%だった。ある乗務員は、「着陸時に爆発が起きた場合、ガソリンタンクが翼にあるため、真ん中に座っている乗客は非常に危険であるほか、後部には出口がない。そのため、前方の乗客の生存率が高くなる」

http://www.recordchina.co.jp/ より引用

airplane-anzen-2

 

後方の席が安全である説

燃料タンクがある場所から後ろの席の方が安全であると言う説です。

旅客機の燃料タンクは、ほとんど100%、主翼内部にあります。ということは、座席は主翼よりも後ろがいいわけです。事故を起こすと燃料が飛び散り、火災により犠牲者が出ることが少なくありません。しかし燃料は前方に飛び散ります。ですから燃料タンクより前が激しく燃えるのです。

http://www.teglet.co.jp/blog/?p=106 より引用

airplane-anzen-3

 - 日常の疑問, 雑学

  関連記事

ミニマリストに学ぶ、旅行時の荷物の減らし方

ミニマリストに学ぶ、旅行時の荷物の減らし方 最近ミニマリストという言葉をインター …

腕時計は左手・右手のどちらに着けるのが正しいのか?

腕時計は左手・右手のどちらに着けるのが正解か スマートフォンや携帯電話の普及で身 …

自分で撮った写真を売ることの出来るストックフォトは稼げるのか調べてみた。

ストックフォトとは インターネットサービスで自分で撮った写真を売ることの出来る、 …

門外不出の料理だった! 熊本名物の辛子蓮根(からしれんこん)は

からし蓮根の由来 今から約300年ほど前、禅僧・玄宅和尚が病弱だった熊本藩主細川 …

ほとんど無職! 失業率90%の「ナウル共和国」、かつては大金持ちだった。

ナウル共和国とは ナウル共和国は、太平洋南西部(オーストラリアから見て北東の方向 …

2016年12月31日に実施される閏秒(うるう秒)、NTTの時報はどうなるの?

「 うるう秒 」とは 閏秒とは時刻のズレを調整するために実施されます。 地球の自 …

最近よく見る「開封の儀」って何? 公式サイトでも行われる開封の儀とは

開封の儀って何 最近、インターネットや雑誌を見ていると「開封の儀」という言葉がよ …

世界最強と言われる「日本のパスポート」、どれくらい信用されてる?

世界最強と言われる「日本のパスポート」 先日のニュースで2015年版の強いパスポ …

永久機関は作ることが出来ないのか?永久機関詐欺で騙される人もいる

永久機関とは 永久機関とは、外部からのエネルギーがなくても仕事を行い続けること装 …

レトロな雰囲気が魅力のニキシー管とは

ニキシー管とは ニキシー管とは、レトロな雰囲気の数字や文字・記号を表示できる電球 …